EYE's Journal

いま知りたい教育関連のテーマについて、ドリコムアイ編集部が取材・調査

39-2

シリーズ39 2018~2019年度 新・高校3年生対象
Part.2
全国主要29国公立大学 受験対策ガイド
【南関東・東京】
千葉大学首都大学東京東京大学東京医科歯科大学
東京外国語大学東京工業大学一橋大学横浜国立大学

解説:駿台予備学校
※組織名称、施策、役職名などは原稿作成時のものです
公開:
 更新:

2019年度入試をめざす新・高校3年生のみなさんが大学入試に向けて本格的な対策をスタートさせる時期になりました。そこで、主要国公立大学29大学について、センター試験の目標ラインや個別試験の特徴や対策など今後の学習の指針となるポイントについてまとめましたので、受験勉強のスタートダッシュに役立てください。なお、2017年度入試までの出題内容と2018年度の募集要項に基づいて作成していますので、必ず2018年度入試問題や2019年度入試の選抜要項・募集要項などで最新の情報を手に入れてください(全4回)。

千葉大学
【国立大学・千葉県千葉市】
学部:
文/教育/法政経/理/医/薬/看護/工/園芸/国際教養

千葉大は、法政経学部、園芸学部、看護学部、国際教養学部など、他の国立大学にはない学部・学科が多数設置されている大学です。

前期日程の配点は、教育学部の一部の募集区分と薬学部を除いて、個別試験重視の配点です。特に、医学部医学科は、センター試験:個別試験の配点が450点:1000点と個別試験がセンター試験の2倍以上となっています。

前期日程合格者のセンター試験平均得点率は、医学部医学科で約90%、薬学部で約85%、他の学部・学科では概ね70%~80%です。

また、個別試験の問題は、学部・学科による難易度の差が目立つ化学を除き、基礎を押さえておけば合格点に到達できる、国公立大学として標準レベルの問題です。難関学部志望者は高得点が要求されるため、ケアレスミス等による失点は絶対にしないことが重要です。

なお、国際教養学部の個別試験は、3教科を課す通常型入試、小論文と英語による面接を課す特色型入試のいずれかを受験します。通常型入試では英語外部試験の成績利用が可能です。

首都大学東京
【公立大学・東京都八王子市】
学部:
人文社会/法/経済経営/理/都市環境/システムデザイン/健康福祉

首都大学東京は、2018年度から都市教養学部が人文社会学部、法学部、経済経営学部、理学部に改組されます。なお、法学部は後期日程の募集がありません。

入試教科数は学部・学科によって異なるため、注意が必要です。例えば、センター試験で受験が必要な教科数は、文系3学部では法学部は3教科受験ですが、人文社会学部、経済経営学部はいずれも5教科受験が必要です。都市環境学部では4教科受験と5教科受験の学科に分かれています。

また、センター試験と個別試験の配点も、学部・学科により比率が異なっていますので、志望者は早めにチェックしておきましょう。

なお、合格の目安となるセンター試験得点率は、3教科受験の法学部は、難関私立大志望者の併願先とされる傾向が続くのは間違いなく、85%という高い得点率が目標となります。その他の学部・学科も75%~80%と比較的高い得点率が必要です。

個別試験はどの教科・科目も標準的なレベルでの出題が多いため、基礎を固めてから記述式・論述式問題の対策を進めましょう。

東京大学
【国立大学・東京都文京区】
学部:
法/経済/文/教育/教養/工/理/農/薬/医

東大の一般選抜は前期日程のみで実施され、センター試験110点、第2次学力試験440点の総合点550点で合否判定が行われます。

すべての科類で2段階選抜の実施が予告されており、その実施予告倍率は文科各類が約3.0倍、理科一類が約2.5倍、理科二類が約3.5倍、理科三類が約4.0倍です。

2017年度入試では、すべての科類で第1段階選抜が実施され、1次通過最低得点率は文科一類63.4%、文科二類69.2%、文科三類81.3%、理科一類73.3%、理科二類77.9%、理科三類77.2%でした。

1次通過率は文理共に9割を超えており、かつてと比べるとハードルは低くなっています。

第2次学力試験の英語は記述式とマークシート方式を併用する形式です。個々の問題は決して超難問ではありませんが、試験開始45分後に実施されるリスニングを挟んで5つの大問を手際よく解答する能力も試されます。他教科は高度な記述力、論述力を要する設問が中心で、基礎力を完璧にした上で、過去問などを用いて答案作成力を向上させることが重要です。

東京医科歯科大学
【国立大学・東京都文京区】
学部:
医/歯

東京医科歯科大の前期日程は、医学部医学科と歯学部歯学科のセンター試験:個別試験の配点が180点:360点と個別試験重視の配点となっています。しかし、受験生のレベルが高いことから個別試験での逆転はそう簡単ではなく、センター試験ではできるだけ失点しないようにする必要があります。

センター試験の得点率は、過去の合格者平均点を参考にすると、医学部医学科は90%以上、医学部保健衛生学科・歯学部歯学科は80%前後、歯学部口腔保健学科も70%前後が求められます。

また、個別試験では英語で1500語程度の超長文1題のみが出題されるという特徴がありますが、全体としては国公立大学の標準レベルの出題なので、最難関医学部医学科の一つであることから小さなミスは許されません。

後期日程は、医学部医学科、歯学部歯学科のみで実施されます。センター試験重視の配点のためセンター試験の高得点は絶対ですが、個別試験の小論文の内容も難しいため、その対策も必要となります。

東京外国語大学
【国立大学・東京都府中市】
学部:
言語文化/国際社会

東京外国語大の前期日程は、外国語大学という特性から、英語の配点が高くなっています。

センター試験では450点満点中200点、個別試験では400点満点中300点の配点で、センター試験と個別試験を合わせると総合点の6割近くを占めています。特に、個別試験の英語の難易度はかなり高いことから、まずは英語の学力アップを目標に重点的に学習を進めてください。

また、センター試験の理系科目の配点は低く、数学は1科目50点、理科は地歴公民と合わせて2科目選択で100点なので、理系科目が少々苦手でも英語が得意であれば十分に合格を狙うことが出来ます。言語文化学部、国際社会学部ともに募集単位(言語、地域)によって合格最低点にかなり差があり、2017年度入試では、国際社会学部の北アメリカは合格最低点が高く、難易度も高くなっています。

なお、2019年度入試より、国際日本学部(仮称)が新設されるほか、既存の2学部も改組予定となっています。志望者は最新の情報に注目してください。

東京工業大学
【国立大学・東京都目黒区】
学院:
理学院/工学院/物質理工学院/情報理工学院/生命理工学院/環境・社会理工学院

東工大は、前期日程では第1類から第7類までの7つの類で募集が行われ、出願時に第2志望まで類を選択できます。センター試験で950点満点中、基準点の600点を満たせば個別試験への出願が可能なため、例年センター試験後にセンター試験失敗組が、他大学からの志望変更により流入するという特徴があります。

個別試験では、理系科目の配点比率が80%と非常に高いため、数学、物理、化学をきちんと完成させることが大切ですが、標準的なレベルの問題が多いため、まずは高校の授業をきちんと理解することが重要です。その上で、過去問を徹底的に研究し解答力を身に付けてください。特に、数学は試験時間が3時間と長いため、3時間という時間の感覚を身に付けておくと良いでしょう。

一方、後期日程は第7類のみで実施され、化学を中心とした設問による総合問題が出題されます。

なお、2019年度入試より、所属を7つの「類」から6つの「学院」に変更し、前期日程は全学一括募集になります。出願に際しては第3志望まで学院を選択できます。

一橋大学
【国立大学・東京都国立市】
学部:
商/経済/法/社会

一橋大は、2018年度入試から後期日程の募集は経済学部のみとなりました。

センター試験よりも第2次試験の配点がかなり高い2次試験重視の大学ですが、2017年度入試前期日程における第1段階選抜通過ラインは、最も高かった法学部で、得点率は約78%と際立って高いラインではありません。もちろん、第1段階選抜通過ラインは年度により異なりますが、合格者の平均得点率はどの学部も例年85%前後となっているため、この程度の得点率が合格への必要条件といえます。

また、センター試験の配点を見ると、どの学部も理科は軽視できません。特に社会学部〈前期〉はセンター試験180点満点のうち、理科が100点と圧縮されずにそのまま加点されます。そのため、理科の対策には十分な配慮が必要です。

第2次試験の入試問題は、どの科目も一筋縄ではいかない応用問題が出題されます。そのため合格するには早期に基礎を固め、そこから応用問題に対処できる発想力、思考力、計算力等を養成する必要があります。

横浜国立大学
【国立大学・神奈川県横浜市】
学部:
教育/経済/経営/理工/都市科学

横浜国立大は、2017年度の都市科学部設置で5学部体制となりました。都市科学部の都市社会共生学科は、文理いずれからも受験が可能です。

入試の配点は、文系学部は経営学部〈後期〉が均等配点ですが、他はセンター試験重視の配点のため、センター試験での高得点が求められます。特に、個別試験で教科試験を課さない経営学部〈前期〉は、センター試験で合否がほとんど決まることから、センター試験では8割以上を目標としてください。

個別試験は、どの科目も国公立大学の標準レベルの問題ですが、高得点が要求されるため、ケアレスミス等をいかに少なくして他の受験生と差をつけるかがポイントといえます。

なお、英語は自由英作文が重視されるので、十分な対策が必要です。理工学部は個別試験重視の配点で、科目数も多いため個別試験の対策を十分に行ってください。数学は、難易度は標準的ですが計算量が多く、確実な計算力が必要です。物理は標準的な出題ですが、化学と生物は難度の高い出題が見られます。

新着記事 New Articles