シリーズ33

2018~2019年度 新・高校3年生対象
全国主要29国公立大学 受験対策ガイド

Part.4 中国・四国・九州
岡山大学広島大学山口大学徳島大学
九州大学長崎大学熊本大学


解説:駿台予備学校
※組織名称、施策、役職名などは原稿作成当時のものです
更新:2018/04/16
2019年度入試をめざす新・高校3年生のみなさんが大学入試に向けて本格的な対策をスタートさせる時期になりました。そこで、主要国公立大学29大学について、センター試験の目標ラインや個別試験の特徴や対策など今後の学習の指針となるポイントについてまとめましたので、受験勉強のスタートダッシュに役立てください。なお、2017年度入試までの出題内容と2018年度の募集要項に基づいて作成していますので、必ず2018年度入試問題や2019年度入試の選抜要項・募集要項などで最新の情報を手に入れてください(全4回)。

岡山大学
【国立大学・岡山県岡山市】
学部:
文/教育/法/経済/理/医/歯/薬/工/環境理工/農

岡山大は、前期日程のセンター試験と個別試験の配点比率は、医学部医学科が個別試験重視、理学部、工学部、環境理工学部環境デザイン工学科、環境物質工学科が均等配点ですが、その他の募集区分はいずれもセンター試験重視です。

前期日程の合格者平均点から見たセンター試験の目標得点率は概ね、難関の医学部医学科が90%、薬学部薬学科が86%、歯学部が82%、その他は70%〜78%程度です。

個別試験の出題レベルは、化学が標準からやや難ですが、その他の教科・科目はいずれも標準です。したがって、高校の授業を大切にしてしっかりと基礎を固めることが合格への第一歩だと言えます。

一方で、後期日程は上位大学からの併願先として狙われており、激戦となっていることから、センター試験の目標得点率も多くの募集区分で80%以上と前期日程より高い得点率が要求されます。個別試験は教科試験の実施はなく、小論文や面接などが課されるため、その対策も必要です。

広島大学
【国立大学・広島県東広島市】
学部:
総合科学/文/教育/法/経済/理/医/歯/薬/工/生物生産/情報科学

広島大は、2018年度から情報科学部、総合科学部国際共創学科を新設しました。

前期日程のセンター試験と個別試験の配点比率は、医学部医学科が1:2と最も個別試験重視です。総合科学部、情報科学部、理学部、工学部、歯学部歯学科、薬学部、生物生産学部も個別試験重視ですが、その他の学部・学科はセンター試験重視です。特に文系学部は、センター試験の得点が合否の分かれ目になるため、センター試験対策が非常に重要です。

後期日程はほとんどの募集区分でセンター試験重視です。個別試験では、どの教科・科目も教科書に沿った標準的な問題が出題されます。高校の授業内容をきちんと理解できるように、普段の学習を大切にしてください。ただし、医学部医学科は個別試験でもかなりの高得点が求められるため、ハイレベルな学力養成が不可欠です。

なお、2019年度入試から英語外部試験の利用が可能となり、一定の基準を満たす場合、センター試験の英語の得点が満点とみなされます。ただし、センター試験の英語の受験は必須です。

山口大学
【国立大学・山口県山口市】
学部:
人文/教育/経済/理/医/工/農/共同獣医/国際総合科学

山口大は、教育学部のみ後期日程の募集がありません。

センター試験と個別試験の配点は、国際総合科学部〈後期〉と理学部数理科学科〈後期〉はいずれも均等配点ですが、他はセンター試験重視配点となっています。そのため、センター試験では目標得点を確実にとることが重要です。

前期日程では、医学部医学科が90%弱、共同獣医学部が83%程度、理学部地球圏システム科学科は80%前後という高得点率が必要ですが、他は65%〜75%程度を目標としてください。

個別試験は、国語、数学、理科は標準レベルの問題中心のため、基礎を固めてから過去問演習を進めていきましょう。過去問演習の際は、時間配分も意識して解答することを忘れないでください。

一方、英語は読解力だけでなく思考力も問われる問題で、しっかりとした対策が必要です。大問3題が出題されますが、第1問は設問と解答のいずれも英文で、設問内容も多岐にわたっています。また、第3問は会話文と自由英作文の複合問題で、特徴のある出題です。

徳島大学
【国立大学・徳島県徳島市】
学部:
総合科学/医/歯/薬/理工/生物資源産業

徳島大は、2018年度入試より薬学部は学部一括募集から学科別募集に変更されますが、薬学科は後期日程の募集がありません。

入試配点は、医学部保健学科看護学専攻〈後期〉、薬学部創製薬科学科〈前期〉を除いた募集区分では、センター試験重視の配点で、合格にはまずセンター試験での高得点が要求されます。

センター試験では、前期日程の総合科学部は概ね70%前後、理工学部(昼間コース)で60%前後の得点が必要です。医学部医学科は89%、薬学部や歯学部は80%前後の高得点が要求されます。

個別試験の出題を見ると、英語は大問3問で構成されていますが、2問は読解問題、1問は自由英作文の出題となっています。数学は計算力を問う出題が目立ち、医学部医学科、歯学部、薬学部ではやや難問の出題が見られます。理科は、物理は標準的ですが、化学はユニークな難問も見られ、生物では論述問題が頻出です。国語は、時間配分を意識した練習を行うことが効果的です。

九州大学
【国立大学・福岡県福岡市】
学部:
文/教育/法/経済/理/医/歯/薬/工/芸術工/農/共創

九大は、2018年度に共創学部を設置しました。地球規模の課題を解決できる高度人材養成を目的に設置されたまったく新しいタイプの学部で、徹底した語学教育、文理融合の課題解決型カリキュラム、実践的な協働学習、海外大学等への留学、留学生とのクラス・シェアが特徴です。

さて、九大の入試問題は標準レベルの問題が中心で、難問や奇問の出題はほとんどありません。そのため、基礎力、応用力、答案作成力が身に付いているかどうかかが反映されやすい出題内容だといえます。

また、前期日程では、科目負担が重い入試を実施していることも特徴で、文学部〈前期〉では、国語、地歴、数学、外国語の4教科が課されます。

一方、後期日程の文系学部では小論文のみが課されるため、この対策も必要です。なお、医学部医学科〈前期〉は、2019年度入試からセンター試験の理科で、生物が必須から選択に変更されるため、他大学同様にセンター試験と個別試験を合わせて、理科は2科目の対策で受験が可能になります。

長崎大学
【国立大学・長崎県長崎市】
学部:
多文化社会/教育/経済/医/歯/薬/工/環境科学/水産

長崎大は、設立の経緯からみても医学部医学科を中心に理系色の強い大学です。地元の長崎県を中心とした受験生が多いですが、医学部医学科は九州各県をはじめ、西日本各地から受験生が集まるため、難易度は他学部よりはるかに高いものとなっています。

入試配点は、多文化社会学部、医学部医学科、薬学部薬科学科〈前期〉、水産学部〈前期〉を除いて、センター試験重視となっています。学部によっては、ほぼセンター試験で合否が決まってしまうため、まずはセンター試験対策が重要です。

なお、多文化社会学部では英語外部試験利用が可能です。前期合格者の平均得点率はほとんどの学部・学科が65%〜70%ですが、医学部医学科は87%、多文化社会学部、歯学部、薬学部薬学科は80%以上が目安となります。

また、前期の個別試験は、多くの学部が1〜2教科ですが、工学部と薬学部は英数理1、医学部医学科は英数理2と3教科が必須で負担が重くなっていますので、特に医学部医学科は万全の対策が必要です。

熊本大学
【国立大学・熊本県熊本市】
学部:
文/教育/法/理/医/薬/工

熊本大は、前期日程のセンター試験と個別試験の配点比率が、医学部医学科が1:2と最も個別試験重視で、文学部、理学部、薬学部も個別試験重視ですが、その他の募集区分では均等配点かセンター試験重視です。後期日程はすべての募集区分でセンター試験重視の配点で、理学部を除き教科試験はなく、小論文または面接があります。

前期日程の個別試験は、全体的に国公立大として標準レベルの出題のため、高校の授業に沿ってしっかりと学習していれば特別な対策は必要ありません。ただし、国語の現代文は問題文のレベルが高く、論述力も必要なため、古文・漢文でしっかりと得点できることが大切です。

なお、医学部医学科の数学は、2017年度入試では他の学部・学科との共通問題のない独自の出題となりました。また、2018年度入試からセンター試験の理科の生物が必須から選択に変更されたため、他大学の医学部医学科同様にセンター試験と個別試験を合わせて、理科は2科目の対策で受験が可能になりました。

■駿台予備学校
Lineup

シリーズ16
生徒のネットトラブルに関する
高等学校アンケート調査

シリーズ15
インターネット活用に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ14
看護師への進路を考える

シリーズ13
生徒募集広報に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ12
高等学校における防災対策に
ついてのアンケート調査

シリーズ11
エンタメでキャリアを磨く
高等教育機関

シリーズ10
ゆれるAO入試

シリーズ9
専門学校の実力

シリーズ8
魅力ある短期大学づくり

シリーズ6
リメディアル教育の現場

シリーズ5
忙しい先生の業務効率化と
円滑な学校運営

シリーズ4
専門学校とAO入試

シリーズ3
高校における
「奉仕」活動のあり方

シリーズ2
高校のインターンシップを
考える

シリーズ1
教員を育てる