28-1

高校が抱える進路指導課題
(前編)


工藤 啓
更新:2009/01/13

先日、北海道の某公立高校で授業をしてきました。教室の壁には、ハローワークからの求人募集がポツポツと張られていました。休憩時間に、進路指導担当の先生と卒後に就職を希望する生徒の実情についてお聞きしたところ、地域の高校が抱える進路指導課題の厳しさを痛感しました。

いま、キャリア教育という形で早い年齢から将来のキャリアを意識付けするような取り組みが広がっています。どのようなコンテンツが実施されているかというと、比較的、将来の「仕事」を意識したものが多い気がします。これはとても大事なことです。

しかし、私が訪れた場所では、就職を希望する生徒の数よりも、高校生に対する求人が極端に少なく、また業種も限られています。食品系、清掃系、サービス系、遊戯系で90%くらいを占めており、ただでさえ少ない求人数に加え、職種も限定されています。つまり、選択の余地がないのです。

小さいころから「やりたい仕事」「希望の職種」を一生懸命考えてきても、実際にある仕事(選択肢)はほとんどない。だからといって、小学校、中学校の段階から、「この地域で暮らしていきたいひとには、これとこれしか仕事がありませんよ」というのは、青少年にとってこの上なくつらいことでしょう。

このような厳しい就職環境のなか、先生は生徒とどのような話をしているのか、私は聞いてみました。先生がおっしゃったのは、「やりたい仕事については聞きません。ほとんどそういう仕事はないから聞いても意味がないのです。その上で私が生徒と話すのは、どこまでを就職先のエリアとして考えているか」ということです。

生徒が就職先を探すにあたり、就職エリアが地元限定なのか、札幌や函館まで出られるのか、本州も視野に入れているのか。それが決まって初めて職種や職場の選択肢が見えてくると先生はおっしゃるのです。

生徒は、いまあるすべての仕事から自らの価値観に沿って希望の職種を探していくのではなく、まずはどの範囲までが就職先エリアなのかを決めなければなりません。このように、地域によっては、地元で生きていきたいという希望の陰に、仕事を選べないという非常にキツイ条件がともなう場合もあります。

工藤 啓
くどう けい

特定非営利活動法人「育て上げ」ネット理事長。1977年6月2日東京生まれ。大学中退後渡米。帰国後、ひきこもり、ニート、フリーター等の就労支援団体「育て上げ」ネット設立。2004年5月NPO法人化、現在に至る。
2005年…内閣府「若者の包括的な自立支援方策に関する検討会」委員/厚生労働省「キャリア・コンサルティング導入・展開事例検討委員会」委員/文部科学省「中央教育審議会生涯学習分科会」委員/埼玉県「ニート対策検討委員会」委員/福島県「若者としごと」研究会アドバイザー/立川市教育委員会立川市学校評議員
著書「大卒だって無職になる」(エンターブレイン)、「ニート支援マニュアル」(PHP研究所)ほか

NPO法人「育て上げ」ネット
Lineup

【2015年 掲載】
84 親とのコミュニケーション~76

【2014年 掲載】
75 もし自分だったらどうする?~67

【2013年 掲載】
66 一声かける勇気~60

【2012年 掲載】
59 進学と奨学金~53

【2011年 掲載】
52 非日常下の成長~46

【2010年 掲載】
45 卒後生活への不安~37

【2009年 掲載】
36 仕事につながるナナメの関係~28

【2008年 掲載】
27 学校を辞めるということ~19

【2007年 掲載】
18 仕事を変えるとき~9

【2006年 掲載】
8 感情と積極性~1