34-2

就活スーツについて
(後編)


工藤 啓
更新:2009/09/14

なぜ、就職活動は「スーツ」着用でなければならないのか。そこには明確なルールはありません。また、スーツ着用は必須かと尋ねても、「そうだ」と答える企業はかなり少ないと思います。

スーツ着用でないと参加できない就活講座は参加率が下がります。20代半ばのある若者は高校時代の制服を面接で着て行きました。そういう若者が存在することを想像できますでしょうか。私は、この事実はしっかりと社会に知らせる必要があると強く思い、また、スーツが準備できない若者にスーツを貸与できる仕組みを作れないかと考えました。

2009年7月8日、スーツを集めるプロジェクトがNPO法人「育て上げ」ネットのメールマガジンを通じてひそやかに始められました。それからたったの3週間で、1,000着を大幅に超える「寄付スーツ」が全国から届けられました。テレビや新聞にもたくさん取り上げていただきました。日本社会はまだまだ捨てたものではない。そう感じています。

スーツを届けてくださる際、電話やお手紙で「スーツを買えない若者がいる」ことについてたくさんのコメントをいただきました。定年退職された方、わが子を若くして亡くされた方、就職活動氷河期で内定をいただくまで非常に苦労された方などさまざまです。

そのなかでも強く印象に残ったのは、ある女性の言葉でした。「大学時代、就職活動のために“リクルートスーツ一式”を揃えました。第一希望の企業にすぐ内定がもらえたのですが、そのためスーツを使ったのは3回だけです。ほとんど新品ですが寄付は可能でしょうか」という言葉です。

若者が就職活動をする際には、“リクルートスーツ”に代表される、黒や濃い紺などで上から下まで統一感を持たせます。しかし、実際に働き始めれば、それらのスーツを継続して使うこともありません。まさに、就職するためだけに一定基準のスーツを揃え、そして捨てる。一方では、それらに“乗れない”若者が存在している。

就職活動において、「社会性」や「協調性」ある若者を採用したいと考えるのは当然のことですが、できることならば、この「スーツ」のような、先々使いようもなく、金銭的にも負担が大きいものが“暗黙の前提”にならない社会になってほしいと思います。

工藤 啓
くどう けい

特定非営利活動法人「育て上げ」ネット理事長。1977年6月2日東京生まれ。大学中退後渡米。帰国後、ひきこもり、ニート、フリーター等の就労支援団体「育て上げ」ネット設立。2004年5月NPO法人化、現在に至る。
2005年…内閣府「若者の包括的な自立支援方策に関する検討会」委員/厚生労働省「キャリア・コンサルティング導入・展開事例検討委員会」委員/文部科学省「中央教育審議会生涯学習分科会」委員/埼玉県「ニート対策検討委員会」委員/福島県「若者としごと」研究会アドバイザー/立川市教育委員会立川市学校評議員
著書「大卒だって無職になる」(エンターブレイン)、「ニート支援マニュアル」(PHP研究所)ほか

NPO法人「育て上げ」ネット
Lineup

【2015年 掲載】
84 親とのコミュニケーション~76

【2014年 掲載】
75 もし自分だったらどうする?~67

【2013年 掲載】
66 一声かける勇気~60

【2012年 掲載】
59 進学と奨学金~53

【2011年 掲載】
52 非日常下の成長~46

【2010年 掲載】
45 卒後生活への不安~37

【2009年 掲載】
36 仕事につながるナナメの関係~28

【2008年 掲載】
27 学校を辞めるということ~19

【2007年 掲載】
18 仕事を変えるとき~9

【2006年 掲載】
8 感情と積極性~1