子ども虐待防止「オレンジリボン運動」啓発イベント
東京富士大学で「第3回 ポニーとあそぼう2012」
開催


東京富士大学
更新:2012/06/04

東京富士大学(東京都新宿区・岡村一成学長)では、NPO法人児童虐待防止全国ネットワークの後援を受け、社会の宝物である子どもたちと、子育てに懸命な保護者、家族を対象とした子ども虐待防止啓発イベント「ポニーとあそぼう」を、3年目の今年も実施する。

今年は七夕(7月7日)の開催。参加費は無料。夏の思い出として、親子でぜひご参加ください。

《開催概要》
●開催日時:平成24年7月7日(土) AM10:30〜12:30
●開催場所:東京富士大学 中庭広場
 東京都新宿区下落合1-7-7
 JR・東京メトロ・西武新宿線「高田馬場」駅下車徒歩3分
●定員:原則として親子30組(定員になり次第締め切り)
●お申込み先:東京富士大学 産学連携室事業課
●主催:東京富士大学
●後援:東京都、NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク
●協力:財団法人ハーモニィセンター、JEPCイベント総合研究所

“オレンジリボン”には、子どもを虐待から守るメッセージが込められている。「オレンジリボン運動」は、子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、子ども虐待をなくすことを呼びかける市民運動だ。

児童虐待防止全国ネットワークでは、オレンジリボン運動を通して子ども虐待の現状を伝え、多くの方に子ども虐待の問題に関心を持ってもらい、市民のネットワークにより、虐待のない社会を築くことを目指している。

東京富士大学は、日本で初めてイベントを学べる大学として、昨年より経営学部経営学科に「イベントプロデュースコース」を設置。来年平成25年度には、「イベントプロデュース学科」を設置する(設置認可申請中)。現在、イベントを学ぶ学生たちが、当イベント「ポニーとあそぼう2012」でも、実施研修の場として当日運営をする。

■東京富士大学
http://www.fuji.ac.jp/