ロンドンオリンピック出場者
壮行会開催


中央大学
更新:2012/07/02

6月22日(金)、中央大学(東京都八王子市/総長・学長…福原紀彦)は、同校キャンパスにおいて、ロンドンオリンピックに出場する3選手の壮行会を開催した。

同大学から出場する法学部3年の飯塚翔太選手(陸上男子200m、男子4×100mリレー)、商学部3年の舘野哲也選手(陸上男子400mハードル)、総合政策学部3年の石橋千彰選手(競泳男子4×200m自由形リレー)の3人は、福原紀彦学長から「中央大学創設者の学んだロンドンで本校の生徒が活躍するのは喜ばしい。期待を背負いつつも、焦らずマイペースでコンディションの維持に努めて欲しい」と激励を受けた。

また、応援団やチアリーディング部から校歌とエールが送られた。

◆出場3選手のコメント
飯塚翔太選手:
「監督はじめ周囲の助けで出場できた。ロンドンでは今後の自分にプラスになるように、学び、吸収したいです。協議当日は中央大学で学んだことを発揮してきます」
舘野哲也選手:
「初めての国際大会がオリンピックで緊張しています。少しでも多く次のラウンドに進めるように頑張ります」
石橋千彰選手:
「小さいころからの夢だったオリンピックの舞台に立てることを誇りに思います。自分の泳ぎで日本の皆さんに勇気と感動を与えたいです」

▲左から舘野哲也選手(陸上)、飯塚翔太選手(陸上)、石橋千彰選手(水泳)