法政大学文学部90周年シンポジウム
『文学部で培う社会人力』を開催


法政大学
更新:2012/07/30

法政大学(東京都千代田区・増田壽男総長)は、市ヶ谷キャンパスボアソナード・タワー26階スカイホールにて文学部創立90周年企画シンポジウム『文学部で培う社会人力』を開催した。

就職重視の学部選びの傾向が強まるなか、「文学部」を就職にあまり有利な学部ではないと考える学生も少なくない。同シンポジウムは「社会人力」をキーワードに、文学部での学びを通じて社会に必要とされる力をいかに養うかについて考える初の試みとなった。当日は文章表現・コミュニケーションインストラクターの山田ズーニー氏、英文学科の川崎貴子准教授、心理学科の福田由紀教授らが参加し、事例紹介や卒業生の経験談などが紹介された」