大学生観光まちづくりコンテスト2012
受賞作品決定


大学生観光まちづくりコンテスト 運営協議会
更新:2012/10/01

大学生観光まちづくりコンテスト2012運営協議会(明治大学経営学部教授・歌代豊委員長)は、産学連携の地域活性化プロジェクト「大学生観光まちづくりコンテスト2012」の本選となる成果発表会を、去る9月19日㈬、早稲田大学小野記念講堂にて開催し、受賞作品を決定した。

本コンテストは、大学の実践的教育の場として、また、大学生の自由な発想から生まれるアイディアを地域活性化に生かす作画区連携の場として企画された。本選となる成果発表会では9大学15チームの総勢100人に及ぶ学生たちが参加し「訪日外国人向けテーマ部門」と「フリーテーマ部門」に分かれてプレゼンテーションを実施。学生ならではの斬新さと実現性を兼ね備えたプランが多数提案された。

最も優れたプランに与えられる最優秀賞(観光庁長官賞)には、「訪日外国人向けテーマ部門」で“中国人が一番行きたい町 熱海作り”を企画した富士常葉大学キラキラ・チャイナチームが、「フリーテーマ部門」では“女子のための愛と成功の旅”を企画した明治大学市川ゼミチームがそれぞれ選ばれた。

選ばれたプランはそれぞれ対象地域となる地方自治体で採用が検討される。

■大学生観光まちづくりコンテスト
http://gaku-machi.jp/