城西大学が9月19日〜10月20日に
高円宮妃久子殿下特別展
「空翔ける鳥、旅する根付」を開催


学校法人 城西大学
更新:2012/10/03

高円宮妃久子殿下はバードウォッチングをご趣味とされ、国内外を旅行される折には、ご愛用のカメラで多種多様な野鳥の一瞬の姿を捉えてきた。鳥類は自然生態系の変化や環境汚染の影響を受けやすく、生態系の健全度を示す重要な指標となる。鳥類環境保護活動に尽力されてきた妃殿下は、2004年に国際環境NGOバードライフ・インターナショナルの名誉総裁に就任された。鳥の美しさやたくましさが写し出された写真からは、妃殿下の鳥や自然への深い思いが感じられる。

また、妃殿下は根付のコレクター、研究者としても功績を上げられてきた。根付とは印籠や煙草入れなどを着物の帯から下げるための留め具で、木彫や牙彫、蒔絵、彫金などの技巧が凝らされた小さな伝統工芸品である。

妃殿下は根付を宮邸の庭や国内外の色々な場所に連れ出し、自然の中に置いて撮影した写真を「旅する根付」シリーズとして発表されている。根付の魅力を引き出し、新たな物語をつむぐ写真の数々は、楽しい発見に満ち、見る者の心を和ませる。

この展覧会では、妃殿下がこれまで撮影されてきた野鳥と根付の写真を展示。あわせて、妃殿下の根付コレクションの中から現代根付も展示する。野鳥や自然、根付の小さな技巧の世界を愛しむ、妃殿下のまなざしにふれることができる。

高円宮妃久子殿下特別展「空翔ける鳥、旅する根付」
会期:2012年9月19日(水)〜10月20日(土)
休館日:月曜日
開館時間:午前10時〜午後4時
※入館は閉館の30分前まで
入館料:一般300円、本学学生・高校生以下無料
(収益金はすべて自然保護団体に寄付致します)
会場:城西大学水田美術館ギャラリー1、2