中央工学校が
2012年インテリアライフスタイルリビングに出展


専門学校 中央工学校
更新:2012/11/05

専門学校中央工学校(東京都北区・大森厚理事長)では、去る10月17日〜19日、東京ビックサイトで開催された社団法人日本家具産業振興会主催・IFFTインテリアライフスタイルリビングに出展した。

『インテリアライフスタイル』は、アジアNo.1の国際消費財見本市として、国内外のハイエンドなインテリア・デザインアイテム、トレンド、キーパーソンを結集し、新しいライフスタイルを提案している。海外から有力なプレスやバイヤーも来日するなど、日本、そしてアジアのインテリア・デザイン業界のキーイベントとして注目を集めている。

今年度の『インテリアライフスタイル』は、シンプルで明確なゾーンニング、多彩な特別企画が大好評を博し、3日間で過去最大規模となる出展者数652社(38カ国・地域)、来場者数26,485名(国内:25,983名/海外:502名)を記録。東日本大震災前の開催を超える規模となり、大きな話題となった。

■中央工学校
http://www.chuoko.ac.jp/