中日本航空専門学校が
2012年国際航空宇宙展に参加


中日本航空専門学校
更新:2012/11/05

中日本航空専門学校(岐阜県関市・浅野敏美学園理事長)は、去る10月12日〜14日に開催された2012年国際航空宇宙展(ジャパンエアロスペース2012/JA2012)において中部地方の航空宇宙産業教育機関の代表として、セントレアの広報・人材育成ブースに参加した。

同展は、航空機関連企業、宇宙関連企業のトレードショーで、今回13回目。今年はアメリカやポーランドをはじめ33カ国66社・団体が参加した。

ポートメッセなごやと中部国際空港セントレアの2会場で開催され、第1会場のポートメッセなごやでは10月9日〜12日をトレードデーとしているほかに、12日〜14日をパブリックデーとして一般入場者向けに展示。

パブリックデーのみ入場可能な第2会場のセントレアでは、航空機や飛行場で使われる特殊車両の展示を行った。航空機展示や空港で使われている特殊車両の展示を屋外で、学生の就職を意識した各種展示を屋内で行っていた。週末はヘリコプターの飛行展示や、航空自衛隊のブルーインパルスも演技を行い、多くの観客がその演技を見るために訪れていた。

毎日5,000人以上の来場者数があり、最終的には、2会場合計入場登録者数16万2,884人となった。

■中日本航空専門学校
http://www.cna.ac.jp/