神奈川大学が横浜市教育委員会と
連携・協力に関する協定を締結


神奈川大学/横浜市
更新:2013/06/03

神奈川大学(神奈川県横浜市・石積 勝学長)は5月30日(木)、横浜の学校教育のさらなる充実に向けて、横浜市教育委員会(岡田優子教育長)と教員養成等のための連携・協力に関する協定を締結した。

今後、両者は同協定に基づき、教育現場での体験活動を通した実践的な教員養成などに取り組んでいく。

【協定の主な内容】
横浜市教育委員会と神奈川大学が相互の信頼関係に基づき密接に連携・協力することによって、教員の養成その他の学校教育上の諸課題への対応を図り、横浜市の教育の充実・発展に寄与することを目的として締結する。

《連携・協力項目》
1 教員の養成に関すること
2 教員の研修に関すること
3 学校教育上の諸課題への対応に関すること など
〜「教員の養成」についての具体的な取組内容〜
横浜市教育委員会が横浜市立小・中学校に、教員のアシスタントとして教員志望の学生ボランティアを派遣する「アシスタントティーチャー」事業を実施しており、神奈川大学との連携に当たっても、この「アシスタントティーチャー」事業を活用し、将来の優秀な教員の育成・確保を図るとともに、神奈川大学の教員希望の学生にインターンシップの場を提供していく。


■横浜市教育委員会
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/