2013年度海外研修旅行の渡航先が決定
教育理念「国際的視野に立脚した人間の育成」のもと
全員参加の海外研修旅行


専門学校日本ホテルスクール
更新:2013/07/22

専門学校日本ホテルスクール(東京都中野区/石塚勉校長)は、2013年度海外研修旅行の渡航先を決定した。同校では、教育理念のひとつである「国際的視野に立脚した人間の育成」のもと、在学中の2年間に海外研修旅行が行われている。

1年次はアジア圏を訪れ、2年次はヨーロッパ圏とアメリカ圏の2コースからの選択となり、海外研修旅行を通じて2つの文化圏を体験。国際的なサービスに触れ、異国の接客サービスを体験し、海外のホテルや観光事情を学ぶため、1年次、2年次とも学年末に全員参加の海外研修旅行を実施している。

海外研修旅行は、ホテル・ブライダル業界で働く上では、海外からのゲストに喜ばれるホテルでの対応や国外ウェディングの提案の際に国際的な教養が欠かせない。日本のホテルとの違い、各国の文化、歴史、生活習慣、ホテル事情を体験することでグローバルな視点、考え方を養う。

●2013年度海外研修旅行渡航先
【1年生】
昼間部フィリピン・マニラ、セブ島(5日間)
※英語専攻科1年生はUPH大学留学体験コース(7日間)
夜間部フィリピン・マニラ(4日間)

【2年生】
昼間部アメリカコース:ラスベガス、ロサンゼルス(8日間)
ヨーロッパコース:バルセロナ、パリ(8日間)
夜間部アメリカコース:グアム(4日間)
ヨーロッパコース:パリ(6日間)

今年度の1年生の渡航先であるフィリピン・マニラでは、昨年同校と提携したフィリピン・マニラにあるパーペチャル・ヘルプ・システム大学(UPH大学)との交流を深める内容。

また2年生昼間部のヨーロッパコースは、渡航先のひとつがスペインのバルセロナとなっており、今年が日本とスペイン交流400周年にあたる年であることから選ばれた。

■専門学校日本ホテルスクール
http://www.jhs.ac.jp/

▲フィリピン短期留学コース(2012年度)

▲昼間部2年生/ヨーロッパコース:フランス・パリ(2012年度)

▲昼間部2年生/アメリカコース:ラスベガス(2012年度)