香川栄養学園が
創立80周年記念式典・祝賀会を開催


学校法人香川栄養学園
更新:2013/10/07

女子栄養大学などを経営する学校法人香川栄養学園(香川達雄 理事長)は今年創立80周年を迎え、去る9月14日、同大学坂戸キャンパスにおいて記念式典が開かれた。

式典で香川達雄理事長は「食で健康を維持することは、少子高齢化など日本が直面する問題から社会を救うことにもつながる。90周年、100周年に向かって更なる発展を遂げたい」とあいさつした。

同学園は1933(昭和8)年、「家庭食養研究会」として発足。ともに医師免許を持つ香川昇三、綾夫妻が「病人を出す前に『食』で健康を維持しよう」と、東京都内の自宅で始めた。昇三氏は45年に病気のために急逝。その後、綾氏が食品を栄養素ごとに分類し、各栄養素の目安量を簡単に把握できるようにした「香川式四群点数法」を考案するなど、栄養学の発展に尽力。1963年に旧坂戸町(現坂戸市)に同大学の校舎を設立した。

同大学では現在、生活習慣病予防に力を入れる自治体からの協力要請などを受けており、埼玉医大と医療と栄養学の提携研究も本格的に進めている。

【関連動画】(YouTube/音声が流れます)

●香川栄養学園創立80周年記念
「創設の物語 これまでもこれからもその全ては人々の健康のために
http://www.youtube.com/watch?v=E9J2YEEjkiM

■学校法人香川栄養学園
http://www.eiyo.ac.jp/