ファッションカレッジ桜丘が
東京国際消防防災展2013
「サバイバルファッションショー」を開催


専門学校ファッションカレッジ桜丘
更新:2013/11/18

専門学校ファッションカレッジ桜丘(東京都千代田区・秋山淳校長)では、去る10月2日、東京ビッグサイトにおいて開催された東京国際消防展2013において、東京消防庁とコラボレーションし、同校の学生たちがサバイバルをテーマにした「サバイバルファッションショー」を開催した。同学校の学生たちが防災用品をデザイン・機能面から見直し、ファッションの一部に効果的に取り入れた新しい服飾デザインを提案した。

同展は東京消防庁、株式会社ビッグサイト、東京国際消防展実行委員会の主催で5年に一度開催される展示会。災害から身を守る製品やサービスを展示するもので、今回が9回目。今回のテーマは「Innovate! Next Safety Stage 高めよう防災力〜明日に備えて〜」。

東日本大震災を教訓とした各種災害リスクを周知し、都民等の防火防災意識と行動力を向上させ、高度防災都市の実現に向けて住民・企業・行政による3者相互の連携強化、関連技術・産業の振興を促進することを目的として開催された。

■専門学校ファッションカレッジ桜丘
http://www.f-sakura.ac.jp/