女子中高生の約7割が結婚したいと回答
結婚相手に求める条件1位は性格
女子中高生が考える結婚適齢期は20代後半


ふみコミュニケーションズ
更新:2014/05/26

株式会社ふみコミュニケーションズ(東京都港区・堀川明人代表取締役)は、自社で運営する女子中高生のためのポータルサイト“フミコミュ!”にて、2014年2月3日より2014年3月4日までの期間、女子中高生の結婚についての意識調査を実施した。

【調査概要】
調査名:結婚についてのアンケート
調査期間:2014年2月3日〜2014年3月4日
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国のフミコミュ!ユーザーの女子中高生183名
(中学生67.2%、高校生32.8%)

「ずばり!結婚したい?」という問いに対し、女子中高生の69.4%が「したい」、3.3%が「どちらかと言えばしたい」と回答。「どちらかと言えばしたくない」という回答が20.2%、「したくない」という回答は7.1%だった。女子中高生のうち、約7割が結婚願望を持っているようだ。(図1)

「したい」または「どらかと言えばしたい」と回答した理由について最も多く見られたものは「子どもが欲しい」「自分の家庭を築きたい」というような温かい家庭に憧れる意見。次いで多く見られたのは「老後を一人で過ごしたくない」という、孤独に対する恐怖感を持った意見だった。

「したくない」「どちらかと言えばしたくない」と回答した理由については、
「結婚したら仕事を続けられないイメージがあるからです。将来やりたいことがあるので、結婚したくないです」(東京都・中学3年生)
「仕事中心にしたいから!」(神奈川県・中学1年生)
というように仕事を充実させたいなど自由を求める考えが多く見られた他、
「面倒くさそう」(大阪府・中学2年生)
という意見も中学生を中心に見られた。

「結婚をするなら何歳までに結婚したい?」という質問に対して、「20〜24歳」という回答が最も多い46.4%、次いで「25〜29歳」が41.0%でした。約9割の女子中高生が20代での結婚を望んでいることがわかった。(図2)

「結婚しても働きたい?」という質問に対し、「主婦をしながらパートやアルバイトをしたい」という回答が最多の41.0%。「バリバリ働きたい」と回答した女子中高生を合わせると、約7割の女子中高生が結婚しても何らかの形で働き続けたいという意思を持っているようだ。(図3)

「結婚相手に一番求める条件は?」という質問に対しての回答は「性格」が66.7%、「経済力」が15.8%、「容姿(見た目)」が8.7%、「職業」が3.8%だった。「学歴」という選択肢も設けたが、この回答をした女子中高生は居なかった。(図4)

「結婚適齢期(結婚にふさわしい年齢)はいつだと思う?」という質問に対し、多く回答を得た上位3位は「25〜29歳」が55.2%、「20〜24歳」が34.4%、「30〜34歳」7.1%だった。 「結婚をするなら何歳までに結婚したい?」という質問への回答で最も多く得られた回答が「20〜24歳」であったことから考えると、自身が思う結婚適齢期、又はそれよりも早く結婚をしたいと考えている女子高生が多くいることが伺える。(図5)

■フミコミュ!
http://www.fumi23.com/