東京農業大学応用生物科学部
喜田聡教授らが認知症治療薬メマンチンにより
記憶能力の向上を導くことを発見


東京農業大学
更新:2014/07/07

東京農業大学(世田谷区桜丘・高野克己学長)応用生物科学部バイオサイエンス学科動物分子生物学研究室(喜田聡教授)では、認知症治療薬メマンチンにより記憶能力の向上を導くことを発見した。この研究成果は国際ジャーナルHippocampusにおいて2014年7月1日(火)に発表された。

メマンチンは認知症治療薬として知られている。最近、メマンチン投与によって、海馬における神経細胞が亢進することが明らかとなった。本研究ではマウスを用いて、メマンチン投与後の海馬神経新生亢進の記憶能力に対する効果を解析し、この神経新生の亢進は記憶能力の向上を導くことを発見した。

とくにメマンチン投与によって産生された神経細胞が成熟する時期に顕著な記憶力の向上が観察されており、新生された「若い神経細胞」が記憶能力の向上に貢献することが明らかとなった。加齢による記憶力低下阻止などにも、メマンチンの有用性が示唆された。

◆掲載情報
国際ジャーナルHippocampus(2014年7月1日(火)発表)
(Hippocampus, 24(7), 784-793, 2014)
オンライン版は発表済み(下記URL参照/英文)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/hipo.22270/full
責任著者:喜田聡氏(東京農業大学応用生物科学部教授)

■東京農業大学
http://www.nodai.ac.jp/