知るぽると主催
第12回「金融と経済を考える」
高校生小論文コンクール作品募集


主催/金融広報中央委員会(知るぽると)
後援/金融庁、文部科学省、日本銀行、
全国公民科・社会科教育研究会ほか
更新:2014/09/01

金融広報中央委員会では、全国の高校生・高等専門学校生等を対象に「金融と経済を考える」小論文を募集している。

同委員会では、「次代を担う高校生にとって、金融や経済について考えることは、これから社会とどう関わって生きていくのかにつながる大きなテーマ。同世代の仲間の考えを聞き、自らの思いを語り、将来の姿を描いてしっかり歩んでほしい」としている。昨年は、全国から2,234点の作品が寄せられ、60点が入賞作品に選ばれた。

■テーマ
テーマは、金融や経済に関することであれば、どのようなものでも構いません。
テーマを考える際の参考として、テーマの例を以下に示します。ただし、この中から選ぶ必要はありません。自分が書きたいと思う内容を、自由に考えてみてください。
テーマを決めた後、作品の内容にふさわしいタイトル(題)をつけてください。
《テーマの例》
1.あなたのライフプランと働くことについて
2.日本のこれからを考える
3.日本経済を活性化する将来有望な産業とは
4.消費者としてのルール

■文字量について
空白を含む2,000〜4,000字
原稿用紙の場合 400字詰め原稿用紙6〜10枚(※タテ20字×ヨコ20行)
パソコン原稿の場合 1行20字詰め×100〜200行以内(1枚につき30行以内)

■応募資格
高校生、高等専門学校生(3年生まで)、高等専修学校生

■賞
特選 5編(賞状と奨学金5万円)
金融担当大臣賞/文部科学大臣賞/日本銀行総裁賞/全国公民科・社会科教育研究会会長賞/金融広報中央委員会会長賞
秀作 5編(賞状と奨学金2万円)
佳作 50編(賞状と図書カード5千円分)
学校賞(特選受賞者在籍校)5校(賞状と図書カード1万円分)

■締め切り
2014年9月20日(土)※消印有効

■発表
12月中旬頃、金融広報中央委員会ホームページ
(http://www.shiruporuto.jp/)などで発表。

■募集要項
 第12回「金融と経済を考える」高校生小論文コンクール 参照
(http://www.ron2014.jp/hs.php)

・応募は未発表の作品に限ります(インターネット上での作品公開も発表とみなします)。
・また、二重投稿はご遠慮ください。
・日本語に限ります。
・作品は理由を問わず返却しません。
・入賞作品の著作権・版権は主催者に帰属します。
・佳作の作品は公表しません。
・作品公表の際には個別企業名や商品名に関する表記を変更させていただくことがありますので、予めご了承ください。

■問い合わせ先
金融広報中央委員会 コンクール事務局
TEL 03-3212-6165(土・日・祝日を除く10時〜17時)

■金融広報中央委員会(知るぽると)
http://www.shiruporuto.jp/