駒澤大学が「100円朝食」を
12月まで継続すると決定


駒澤大学
更新:2014/10/06

駒澤大学(東京都世田谷区・廣瀬良弘学長)はこのたび、在学生を対象に学生食堂で100円の朝定食を提供する取り組みを、12月まで継続して実施することを決めた。

この低価格かつ栄養に配慮した朝食の提供は、同大学教育後援会の支援のもと、4月8日から開始したもの。学生に行ったアンケート調査で、延長を希望する声が多数出たことから継続決定に至った。

今後は洋食メニューの導入や、1週間分の献立を事前に告知するなど、ニーズに応えながら学生生活をさらにサポートする。