日本ホテルスクールが「和食」の授業で
新宿調理師専門学校
上神田梅雄校長による特別授業を実施


専門学校日本ホテルスクール
更新:2015/06/08

専門学校日本ホテルスクール(東京都中野区・石塚勉理事長・校長)は4月27日(月)に、今年度よりカリキュラムに採用した「和食」の授業で新宿調理師専門学校上神田梅雄校長による特別講座を行った。

今回の特別授業は和食に欠かせない出汁を理解するため、学生自身がプロの調理人の本物の出汁を体験し、これまで以上に和食に対して興味を持ってもらうことを目的としている。

授業では、昆布の水出し、鰹出汁、味噌汁などの味の体験を通して、普段食べている料理より繊細で出汁本来の味を実感。また、和食の魅力でもある「食材を無駄にしない」出汁を取った昆布を佃煮に、鰹節をふりかけにする事も学び、自宅で作ってみたいという意見が多くあった。

上神田校長の料理、和食に対する情熱を感じ、さらに和食の魅力に気付いた授業となった。

■専門学校日本ホテルスクール
http://www.jhs.ac.jp/
■新宿調理師専門学校
http://www.shincho.ac.jp/