工学院大学で
『国際バカロレア特別入試』を実施


工学院大学
更新:2015/10/13

工学院大学(東京都新宿区・佐藤光史学長)は、「国際バカロレア(IB)」*1の取得を出願資格とする新たな選抜を、2016年4月の入学者を対象に導入すると発表した。

『国際バカロレア特別入試』は、国内外を問わず多様な学習履歴を持つ「IBの学習者像」*2に沿った受験生を積極的に迎えることを目的とし、入学後は他の入学試験による入学者とともに国際的な視野を兼ね備えた真のグローバル人材として育成していく。

1)名称:国際バカロレア特別入試
2)募集学部・学科:全学部・全学科
3)募集人員:若干名
4)出願資格:日本国籍を有し、国際バカロレア資格を2015年4月から2016年3月31日までに取得または取得見込みの方で、2016年3月31日までに18歳に達する方
5)試験日:2015年11月14日
6)選考方法:小論文(日本語)、書類審査、面接
※詳細は募集要項参照のこと

*1:国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)…国際バカロレア機構(本部ジュネーブ)が提供する国際的な教育プログラムのこと。このうち、高校相当の16〜19歳を対象としたディプロマ・プログラム(DP)の所定のカリキュラムを履修し、最終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められている大学入学資格(国際バカロレア資格)が取得可能となる。

*2:IBの学習者像(The IB Learner Profile)…「IBの使命」*3を具体化したもので、「国際的な視野をもつとはどういうことか」という問いに対するIBの答えの中核を担う。具体的には、IB認定校が価値を置く人間性を、以下10の人物像として表す。
〔10の人物像〕
探求する人/知識のある人/考える人/コミュニケーションができる人/信念をもつ人/心を開く人/思いやりのある人/挑戦する人/バランスのとれた人/振り返りができる人

*3:IBの使命(The IB mission)…国際バカロレア(IB)は、多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探究心、知識、思いやりに富んだ若者の育成を目的としている。この目的のため、IBは、学校や政府、国際機関と協力しながら、チャレンジに満ちた国際教育プログラムと厳格な評価の仕組みの開発に取り組んでいる。IBのプログラムは、世界各地で学ぶ児童生徒に、人がもつ違いを違いとして理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることのできる人として、積極的に、そして共感する心をもって生涯にわたって学び続けるよう働きかけている。※文部科学省[国際バカロレアについて]より引用

■工学院大学
http://www.kogakuin.ac.jp/