「第13回金融教育に関する
小論文・実践報告コンクール」作品募集中


主催:金融広報中央委員会
後援:金融庁、文部科学省、日本銀行
更新:2016/06/13

金融広告委員会(事務局:日本銀行情報サービス局内)では、青少年の健全な金銭観・価値観や考える力を育むため、金融庁、文部科学省、日本銀行等の後援で中学生や高校生等を対象とした作文・小論文コンクールを開催中。

●第49回「おかねの作文」コンクール(中学生対象)

テーマ:自由
テーマ(作文に書く内容)は、「おかね」に関することであれば、どのようなものでも構いません。
テーマを考えるときの参考として、テーマの例を以下に示します。ただし、この中から選ぶ必要はありません。自分が書きたいと思う内容を自由に考えてみてください。テーマを決めた後、作文の内容にふさわしいタイトル(題)をつけてください。
★テーマの例
1.将来の夢の実現とおかねの関わり
2.私のおかねのルールやわが家の約束事
3.活きたおかねの使い方とは
4.ニュースにみるおかね

賞:特選=5編(賞状と図書カード4万円分)
金融担当大臣賞/文部科学大臣賞/日本銀行総裁賞/日本PTA全国協議会会長賞/金融広報中央委員会会長賞
秀作=5編(賞状と図書カード2万円分)
佳作=50編(賞状と図書カード2千円分)
学校賞(特選受賞者在籍校)=5校(賞状と図書カード1万円分)

締切:2016年9月20日(消印有効)

●第14回「金融と経済を考える」(高校生小論文コンクールは高校生・高等専門学校3年生まで、高等専修学校生対象)

テーマ:自由
テーマは、金融や経済に関することであれば、どのようなものでも構いません。
テーマを考える際の参考として、テーマの例を以下に示します。ただし、この中から選ぶ必要はありません。自分が書きたいと思う内容を、自由に考えてみてください。テーマを決めた後、作品の内容にふさわしいタイトル(題)をつけてください。
★テーマの例
1.あなたのライフプランと働くことについて
2.日本のこれからを考える
3.日本経済を活性化する将来有望な産業とは
4.消費者としてのルール

賞:特選=5編(賞状と奨学金5万円)
金融担当大臣賞/文部科学大臣賞/日本銀行総裁賞/全国公民科・社会科教育研究会会長賞/金融広報中央委員会会長賞
秀作=5編(賞状と奨学金2万円)
佳作=50編(賞状と図書カード5千円分)
学校賞(特選受賞者在籍校)=5校(賞状と図書カード1万円分)

締切:2016年9月20日(消印有効)

●詳細・問い合わせは下記公式サイトおよびコンクール事務局(電話03-6265-6818)まで。

■金融広報中央委員会 作文・小論文コンクール(2016年度)
http://www.ron2016.jp/