産学連携
学生による「卒業式和装展示会」運営授業を実施


専門学校日本ホテルスクール
更新:2016/10/31

専門学校日本ホテルスクール(東京都中野区・石塚 勉理事長)は 10月13日(木)〜14日(金)、夜間部ブライダル科2年生による産学連携の授業「学生による卒業式和装展示会」を実施した。

これは、学生が協賛企業である衣裳系3社と連携して3チーム(3社)に分かれ、卒業式に着用する和装の展示会を校内で行うという同校では初めての試み。

学生たちは、チーム毎に有効顧客数から売上目標を設定し、集客方法、展示会運営方法、接客対応などをチームごとに検討、実施するという、リアルなマネジメントを学ぶ機会となった。

7月の準備授業スタート時は、初めての試みに戸惑う学生も多かったが、同校を訪れた企業の担当者とともに、商品説明の講義を受けたり、『和装着付け』の授業で着付け練習などを行ったりしていくうち、次第にイメージが固まり、展示会日程が近づくにつれ真剣な眼差しに変わった。

展示会当日は卒業生も企業スタッフとして参加。学生と熱心に接客トークやプラン、着付け方などの確認を行った。実際に接客に臨んだ学生も、先輩たちの後押しもあり、スタッフとして立派に努めていた。

同校では多様な専門科目を2年間で勉強。ブライダル科では「婚礼衣裳」「和装着付」「ブライダルマーケティング&セールス」「ブライダルマネジメント」など、ブライダルの技術に関わることから運営管理にいたるマネジメント領域の修得もめざしている。これらの授業を机上だけの学習に留めず、実際に運営を行うことで理論と実技を結びつけ、それぞれの科目を関連したものとして修得できる。

■専門学校日本ホテルスクール
https://www.jhs.ac.jp/

▲和装着付け 練習風景

▲協賛企業様からの商品説明

▲協賛企業様からの商品説明

▲先輩社員-卒業生に見守られながらの接客

▲展示会場での接客中の学生

▲展示会場で学生の接客の様子

▲展示会場で学生の接客の様子