サービス創造学部企画
ユニバーシティ・アワー特別講義開催


千葉商科大学
更新:2017/06/26

千葉商科大学(千葉県市川市/原科幸彦学長)は6月7日(水)の正課授業「ユニバーシティ・アワー※」において、同学部公式サポーター企業であるプロバスケットボールチーム、千葉ジェッツを運営する株式会社千葉ジェッツふなばしの島田慎二氏を招き『Bリーグ開幕年、千葉ジェッツが天皇杯で優勝するまで球団社長として何をしたか』と題した特別講義を開催した。

同学部はバスケットボール(千葉ジェッツ)、野球(千葉ロッテマリーンズ)、サッカー(ジェフユナイテッド千葉・市原)のプロチームを公式サポーター企業に迎えており、同企業とともに学生たちがスポーツビジネスにおけるサービスの創造を学ぶ機会を創出している。

特別講義では島田社長が社長就任のいきさつやチーム強化、集客増加のプロセスについて説明し、「5年間の再建プロセスを照らし合わせてもらって、学生のみなさんの人生に活かしてもらえれば」と語った。

※ユニバーシティ・アワー
同学のオリジナル授業で、各回、学内の教員、学生、学外の著名人・企業人、同学卒業生など多彩なスピーカーが登壇する、全学部生が履修可能な授業。

■千葉商科大学
http://www.cuc.ac.jp/

▲島田慎二氏