中京大学と名古屋市立大学が
包括連携協定締結式を実施


中京大学・名古屋市立大学
更新:2018/03/05

中京大学(名古屋市昭和区・安村 仁志学長)では1月16日(火)に、同学名古屋キャンパスにて名古屋市立大学(名古屋市瑞穂区・郡 健二郎学長)との包括連携協定締結式が行われた。

中京大学と名古屋市立大学はともに名古屋市内にある。地理的に近く、総合大学であるメリットを最大限に活用し、地域社会の一層の発展に資するため、教育、研究、社会貢献等に関して連携を推進し、学術及び産業の発展並びに人材の育成に寄与することを目的とした包括連携協定を締結する運びとなった。

このたびの包括連携協定は私立大学と公立大学が1対1で結ぶ珍しいケースとなる。

構想について、中京大学の安村学長は具体案として、同系統の学部では共同研究、また図書館などの施設利用等を挙げ、『近い』という利点を生かし、さまざまなことが考えられ、楽しみにしていると述べた。

今後も教職員や学生が活発な交流を行うことで両大学相互の強みを生かし、教育・研究における相乗効果を発揮するとともに地域社会の発展のためにその教育・研究の成果を積極的に地域へ還元していくことを目指していきたいとした。

【学部紹介】
中京大学:文学部、国際英語学部、国際教養学部、心理学部、現代社会学部、法学部、総合政策学部、経済学部、経営学部、工学部、スポーツ科学部

名古屋市立大学:医学部、薬学部、経済学部、人文社会学部、芸術工学部、看護学部、総合生命理学部

■名古屋市立大学
http://www.nagoya-cu.ac.jp/

▲左から中京大学・安村 仁志学長、名古屋市立大学・郡 健二郎学長