シリーズ13

生徒募集広報に関する
高等学校アンケート調査 Part.1

Q1…募集広報専門部署はあるか?
Q2…広報に専任の担当者はいるか?
Q3…生徒募集広報にどんな施策を行っているか?


編集部
更新:2012/06/04
ドリコムアイ.net編集部では、2012年4月17・18日の2日間にわたって、関東1都6県の高等学校1,338校を対象にした「生徒募集広報」に関するアンケートを実施した。高等学校において募集広報専門部署が「ある」とする学校は、回答数の65.5%。私立高校では80%を超えた。また、生徒募集に大切としているのは、1位『校風・学校の雰囲気』、2位『学力対策』、3位『部活動』だった。

ファクシミリによるアンケート送付
1,338校のうち有効回答542校(回答率40.5%)

調査の方法は次の通り。

《 調査の方法 》
●2012年4月17・18日の2日間、関東1都6県1,338校の高等学校にファクシミリで調査書を送付。
●ファクシミリまたはメールにて返信。
●1,338校のうち542校から回答を得た。
●回答率は40.5%。

県別アンケート回答数
県名 国立 公立 私立 回答数 回答率
茨 城   100 25 125 49 39.2%
栃 木   62 17 79 24 30.4%
群 馬   67 14 81 19 23.5%
埼 玉 1 147 50 198 104 52.5%
千 葉   132 56 188 63 33.5%
東 京 8 184 237 429 195 45.5%
神奈川   156 82 238 88 37.0%
9 848 481 1,338 542 40.5%

Q1 募集広報専門部署はありますか?

募集広報専門部署が「ある」と回答した学校が65.5%、「ない」が32.1%。

国公立、私立の別をみると、国公立の学校で「ある」は54.4%だが、私立では82.6%の学校に広報専門部署が設置されている。

Q2-(1) 広報に専任の担当者はいますか?

「はい」と回答した学校が55.7%、「いいえ」が40.8%。国公立、私立の別をみると、国公立の「はい」45.9%に対し、私立高校は70.9%。私立高校が募集広報に積極的なのが分かる数字となっている。

Q2-(2) 広報担当者はどなたですか?

「教師が担当」する回答が88%、「広報担当の職員を採用」しているが10%、「広告代理店を利用」するが2%。

合わせて専任の担当者数について質問したところ、回答数が62校。この平均は5.8人であった。なかで最大値は「37名」であったが、これは教職員の総数と思われる。教職員の方が、広報の役割も兼任していることが窺える数字である。

Q3 生徒募集広報に
どんな施策を行っていますか? ※複数回答

全体で見ると90%を越える学校が、「説明会の開催」と「入学者募集パンフレットの作成・配布」を実施している。

国公・私立の別では、「文化祭・体育祭時での学校案内」(国公立51.8%、私立73.1%)、「中学校訪問」(国公立90.2%、私立71.2%)の結果に開きが出た。

県別では「学校見学会」が東京の国公立が93.6%なのに対し、茨城の国公立(59.4%)、群馬の国公立(57.1%)、千葉の国公立(51.3%)では低い数字が出た。

《Part.2 につづく》

募集広報専門部署はありますか?

広報に専任の担当者はいますか?

広報担当者はどなたですか?

《全体》

生徒募集広報にどんな施策を行っていますか? ※複数回答

《全体》

《国公立・私立別》

Lineup

シリーズ16
生徒のネットトラブルに関する
高等学校アンケート調査

シリーズ15
インターネット活用に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ14
看護師への進路を考える

シリーズ13
生徒募集広報に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ12
高等学校における防災対策に
ついてのアンケート調査

シリーズ11
エンタメでキャリアを磨く
高等教育機関

シリーズ10
ゆれるAO入試

シリーズ9
専門学校の実力

シリーズ8
魅力ある短期大学づくり

シリーズ6
リメディアル教育の現場

シリーズ5
忙しい先生の業務効率化と
円滑な学校運営

シリーズ4
専門学校とAO入試

シリーズ3
高校における
「奉仕」活動のあり方

シリーズ2
高校のインターンシップを
考える

シリーズ1
教員を育てる