シリーズ13

生徒募集広報に関する
高等学校アンケート調査 Part.2

Q4…説明会や見学会の参加者確保のための活動は?
Q5…生徒を集めるために力を入れていることは?
Q6…生徒募集に関する広報予算はあるか?


編集部
更新:2012/06/04
ドリコムアイ.net編集部では、2012年4月17・18日の2日間にわたって、関東1都6県の高等学校1,338校を対象にした「生徒募集広報」に関するアンケートを実施した。このページではQ4〜Q6の集計結果を報告する。

Q4 説明会や見学会の参加者確保のため、
どんな活動をしていますか? ※複数回答

全体としては「中学校訪問」が最も高く(75.3%)、「WEB・SNSの利用」(63.5%)、「塾訪問」(41.0%)と続く。

国公・私立の別では、「塾訪問」(国公立23.6%、私立67.5%)、「募集広告出稿」(国公立6.4%、私立62.3%)に大きな差が出た。県別の差異では、「中学校訪問」がほぼ均一な数字になったが、「塾訪問」は、神奈川の国公立(13.0%)、千葉の国公立(5.1%)、群馬の国公立(0.0%)と軒並み低かったのに対し、東京の国公立(71.3%)が突出した数字となった。

Q5 生徒を集めるために
力を入れていることは何ですか? ※複数回答

生徒を集めるために学校が力を入れていることついて、7つの選択肢を示し、該当する項目に○をつけてもらった(複数回答)。

最も多かった項目は「校風・学校の雰囲気」で408ポイント、次いで「学力対策」が376ポイント、3位が「部活動」348ポイント、4位が「カリキュラムの充実」321ポイント、5位は「文化祭や体育祭などのイベント」229ポイント、6位が「中学との連携」203ポイント、「その他」が58ポイントとなった。

「その他」では、資格取得、塾との連携、進路実績の充実、校外の合同説明会への参加、ボランティア活動への参加などがあげられた。

なお、この設問の回答校数は全部で542校だが、4つの項目において半数を超えるチェックが入っており、大多数の学校で複数の対策を行っていることがわかった。

Q6 生徒募集に関する広報予算はありますか?

「ある」と回答した学校が331校(61%)、「ない」と回答した学校が177校(32.7%)、無回答が34校(6.3%)であった。「ある」と回答した331校の国公・私立の別を見てみると、国公立が159校(29.3%)、私立が172校(31.7%)であった。

「ある」と回答した学校に対し、具体的な金額について全体の予算における広報予算の割合を尋ねたところ、「非公表・無回答」が84%で、ほとんどの学校から回答を得ることができなかった。回答を得た学校では、「10%未満」とするところが26校(9%)、「10%以上」が8校(3%)、「1%未満」が4校(1%)、「算出できない・未定」が9校(3%)であった。

また、割合ではなく具体的な金額や使いみちとして回答した学校では、「少量・わずか」とするところが5校(1.5%)、「金額は不明だが、学校案内やチラシ等の印刷代程度」が17校(5.1%)、「学校案内・チラシ等の印刷代として10万円程度」が4校(1.2%)、「パンフレット作成分40万〜50万円程度」が7校(2.1%)、「50万円以上」が14校(4.2%)であった。

■アンケートにご回答いただいた高等学校およびご担当者の皆さま、ご協力ありがとうございました。この場を借りて、あらためてお礼申し上げます。

説明会や見学会の参加者確保のため、どんな活動をしていますか? ※複数回答

《全体》

《国公立・私立別》

生徒を集めるために力を入れていることは何ですか? ※複数回答

生徒募集に関する広報予算はありますか?

Lineup

シリーズ16
生徒のネットトラブルに関する
高等学校アンケート調査

シリーズ15
インターネット活用に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ14
看護師への進路を考える

シリーズ13
生徒募集広報に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ12
高等学校における防災対策に
ついてのアンケート調査

シリーズ11
エンタメでキャリアを磨く
高等教育機関

シリーズ10
ゆれるAO入試

シリーズ9
専門学校の実力

シリーズ8
魅力ある短期大学づくり

シリーズ6
リメディアル教育の現場

シリーズ5
忙しい先生の業務効率化と
円滑な学校運営

シリーズ4
専門学校とAO入試

シリーズ3
高校における
「奉仕」活動のあり方

シリーズ2
高校のインターンシップを
考える

シリーズ1
教員を育てる