シリーズ15

インターネット活用に関する
高等学校アンケート調査 Part.1

Q1…学校のネット環境は整っているか?
Q2…端末装置は何を利用しているか?
Q3…ネット活用の主な目的は?


編集部
更新:2012/07/30
ドリコムアイnet編集部では、2012年6月22・23日の2日間にわたって、関東1都6県の高等学校1,338校を対象に「学校におけるインターネット活用」に関するアンケートを実施した。ネット環境は98.3%の学校で整っており、「先生一人ひとりに専用PCが用意されている」高等学校が58.7%だった。ネットを「大いに活用している」学校は90.8%。省庁や学校の・塾のHPの閲覧で利用するなど、調べものを中心とした利用が多い。

調査の方法は次の通り。

《 調査の方法 》
●2012年6月22・23日の2日間、1,338校の高等学校にファクシミリで調査書を送付。
●ファクシミリまたはメールにて返信。
●1,338校のうち184校から回答を得た。
●回答率は13.8%。

県別アンケート回答数
県名 国立 公立 私立 回答数 回答率
茨 城   100 25 125 23 18.4%
栃 木   62 17 79 8 10.1%
群 馬   67 14 81 11 13.6%
埼 玉 1 147 50 198 23 11.6%
千 葉   132 56 188 27 14.4%
東 京 8 184 237 429 64 14.9%
神奈川   156 82 238 28 11.8%
9 848 481 1,338 184 13.8%

Q1 学校のネット環境は整っていますか?

98.3%の学校から「学校内でインターネットを使うことができる」との回答を得た。ほとんどすべての高等学校でインターネットを利用できる環境が整っているといえる。

他に、無線接続である「Wi-Fiが利用できる」の回答が5.4%。

Q2 ネットに接続するための端末装置は
何を利用していますか? ※複数回答

「先生一人ひとりに専用PCが用意されている学校」は58.7%、「職員室や進路指導室に設置されたPCを先生が使用する」学校が44.0%だった。

「各先生専用のタブレット端末を使用」は0.5%、「専用ではないがタブレットが利用できる」は3.3%。タブレットの高校内での普及はこれからといったところだ。また「個人所有のものを利用している」との回答は13.6%で、これはほぼノートPCである。

いただいた回答のなかで、学内でのPC配備の工夫が窺われるのが「担任業務を担う教員は専用、他は共用のパソコン。」というもの。また個人所有のノートPCを利用する場合、校内のネット接続は登録制との回答が多く、情報管理に配慮されていることが分かる。

Q3 ネット活用の主な目的は何ですか?
また具体的にどのような使い方をしておられますか?

高等学校での利用目的ということで「教科の授業で」84.2%、「進路指導で」72.8%、「学校広報で」73.4%と、この3項目が抜きん出ている。「生活指導で」の利用は20.1%であった。

「使い方」では、以下の回答が寄せられた。 ・教材研究、進路指導のための情報収集、ネットパトロール
・ホームページの更新
・県教育委員会等との連絡、報告
・教材研究、各家庭との連絡、教材活用
・部活の登録、大会参加申し込み
・生徒は文化祭等の発表内容の情報検索等で使用
・服務管理(休暇取得、出張伺い等)
・教材も分掌もすべてグループウェアでデータ情報を共有
・各自の教材研究等、HPでの広報
・課外活動のプロジェクトなど(ThinkQuest)

《Part.2 につづく》

募学校のネット環境は整っていますか?

ネットに接続するための端末装置は何を利用していますか? ※複数回答

ネット活用の主な目的は何ですか? ※複数回答

Lineup

シリーズ16
生徒のネットトラブルに関する
高等学校アンケート調査

シリーズ15
インターネット活用に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ14
看護師への進路を考える

シリーズ13
生徒募集広報に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ12
高等学校における防災対策に
ついてのアンケート調査

シリーズ11
エンタメでキャリアを磨く
高等教育機関

シリーズ10
ゆれるAO入試

シリーズ9
専門学校の実力

シリーズ8
魅力ある短期大学づくり

シリーズ6
リメディアル教育の現場

シリーズ5
忙しい先生の業務効率化と
円滑な学校運営

シリーズ4
専門学校とAO入試

シリーズ3
高校における
「奉仕」活動のあり方

シリーズ2
高校のインターンシップを
考える

シリーズ1
教員を育てる