シリーズ23

早期進路決定者は
クラスにどんな影響をもたらすか
高等学校アンケート調査 Part.1

Q1…進路の内訳
Q2…進学者の入学方法
Q3…生徒間でのモチベーションの差


編集部
更新:2014/11/04
ドリコムアイ.net編集部では、2014年9月1日・2日両日、受験シーズンを目前に控える、関東1都6県と山梨、長野、新潟県の高等学校1,583校を対象にした「早期進路決定者のやる気づくり調査」を実施した。早期進路決定者に対して、受験生とのモチベーションの差異を感じるとする学校が、回答数の76%を超えた。

《 調査の方法 》
●実施(受付)期間:2014年9月1日〜9月11日
●アンケート発送校数:1,583校
●有効回答数:202校
●回答率:12.76%
●調査主体:ドリコムアイ.net編集部

Q1 貴校の進学率を教えてください。
①大学 ②短期大学 ③専門学校 ④就職 ⑤その他(%)

アンケート回答校の進路の内訳を聞いた。有効回答ポイント数(P)の合計を100%として、各進路の割合を算出したのが図表1(無回答は計上していないため、合計は満点の20,200ポイントに満たない)。

大学へ進学する生徒の割合は56.1%、短期大学は5.0%、専門学校は17.4%、就職は14.5%となっている。「その他」は主に浪人と推定。

上記とは別に、大学進学者の割合別に学校数を集計したのが図表2。

進路別の内訳は、生徒の大学進学60%以上の学校が103校(51.0%)、大学進学60%未満の学校が95校(47.0%)となっている。短期大学・専門学校進学者数は、いずれの学校においても60%未満となっている。

就職者が60%以上を占めている学校は12校(5.9%)、また、10%以上の就職者がある学校は72校(35.6%)となっている。

本アンケートの集計において、全体の集計のほかに①大学進学者60%以上(大学がメイン)の学校、②大学進学者60%未満(大学・短期大学・専門学校が混在)の学校、③就職者が10%以上の学校で分類し、内容を比較してみた。

Q2 進学者の入学方法はどのような割合ですか。
①一般入試 ②推薦入試 ③AO入試 ④学内推薦 ⑤その他(%)

進学者の入学方法を聞いた(図表3)。有効回答ポイント数(P)の合計を100%とし、各受験方法の割合を算出している(無回答は計上していないため、合計は満点の20,200ポイントに満たない)。

一般入試で受験する生徒の割合が39.6%、推薦入試が29.6%、AO入試が19.1%、校内推薦が11.4%となっている。

推薦、AO、校内推薦の割合を合計すると60.1%となり、半数以上の生徒は推薦、AO入試で受験しているといえそうだ。

Q3 3年の夏~秋にかけてAO入試や推薦入試により、
一般入試を受験する生徒より早めに進学先が決定した生徒と、
これから一般入試を受ける生徒の間で、
モチベーションの差を感じますか。①感じる ②感じない

早期進路決定者とこれから一般受験を控えている生徒の「モチベーションの差」を感じるかを聞いた(無回答は計上していない)。

全回答数の76.2%が差異を感じるとしている(図表4)。

グラフを比較してみると、進学先による差異はほとんど見られないが、大学進学者60%未満の学校では「感じる」79.8%で、全体の値(76.2%)より少し高くなっている。

■入試方法によるモチベーションの差

入試方法によってモチベーションの差異を感じるかどうか、図表5の各項目の割合を見てみると、およそ7対2の割合になっており、各入試方法間では僅差であることがわかる(無回答は計上していない)。僅差の内訳を少し詳しくみてみよう。

全体の割合「感じる」76.2%を基本に比較してみると、一般入試では「感じる」77.3%で1ポイントほど高い。

推薦は「感じる」77.6%で一般入試よりさらに少し高くなっている。AO入試では「感じる」78.3%で、一般入試(77.3%)と比較すると1ポイント、さらに高くなっている。

一方、校内推薦では「感じる」74.7%で、全体(76.2%)より1.5ポイント低くなっている。

生徒の90%以上が一般入試で受験する学校の値を見てみると「感じる」47.1%、「感じない」52.9%となっており、差を「感じない」とする学校が全体(22.8%)より圧倒的に多い。

生徒の90%以上が推薦入試で受験する学校の値を見てみると「感じる」33.4%、「感じない」66.7%と、こちらも差を「感じない」とする学校が多い。

生徒の80%以上90%未満が一般入試で受験する学校の値を見てみると、差を「感じる」とする学校が88.2%で、90%以上の学校の値(47.1%)と比べると突然高くなっている。

推薦入試について見ると、80%未満の生徒が推薦で受験する場合、差を「感じる」と回答する学校が8割を超え、80%以上もしくは50〜60%と半々の生徒が推薦で受験する場合には、差を「感じる」とする学校の値は60%以下になる。

以上のデータから、2割の生徒が他の生徒と異なった方法で受験すると、モチベーションの差異が生まれるといえそうだ。

《 Part.2 につづく》

Lineup

シリーズ16
生徒のネットトラブルに関する
高等学校アンケート調査

シリーズ15
インターネット活用に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ14
看護師への進路を考える

シリーズ13
生徒募集広報に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ12
高等学校における防災対策に
ついてのアンケート調査

シリーズ11
エンタメでキャリアを磨く
高等教育機関

シリーズ10
ゆれるAO入試

シリーズ9
専門学校の実力

シリーズ8
魅力ある短期大学づくり

シリーズ6
リメディアル教育の現場

シリーズ5
忙しい先生の業務効率化と
円滑な学校運営

シリーズ4
専門学校とAO入試

シリーズ3
高校における
「奉仕」活動のあり方

シリーズ2
高校のインターンシップを
考える

シリーズ1
教員を育てる