そこらへんのワカモノ

若年者就労支援などの活動を行う、認定NPO法人「育て上げネット」理事長の工藤啓氏によるエッセー

105-1

105-1
高校生にやさしい社会
~TECH募金始めました~

認定特定非営利活動法人 育て上げネット 理事長
工藤 啓(くどう・けい)
※組織名称、施策、役職名などは掲載当時のものです
公開:
 更新:

大阪を拠点に活動する認定NPO法人D×P(ディーピー)という団体があります。代表の今井さんは以前からの友人なのですが、昨年、「生きづらさを抱える高校生にプログラミングという未来を生き抜くツールを渡したい」という話をいただきました。

彼らは、通信制や定時制高校に通う高校生のサポートをしています。そこには不登校経験を持っていたり、経済的に苦しい家庭の一員であったり、さまざまな生きづらさを持つ高校生がいる。「生きづらさ」というのはわかりづらいかもしれませんが、お金のことだけでなく、友人関係がうまくいかなかったり、やりたいことがあるけれどチャレンジできない状況にあったりと、ひとによって違います。

お金に困ってなくても生きづらさを感じるひともいますし、周囲からはうらやましがられていても本人は孤独感でいっぱいなこともあります。どれも「生きづらさ」に入ります。そんな高校生のなかには、プログラミングを学んでみたいけれど、パソコンを持ってないということでチャレンジできないひとがいる。

そんな高校生に対して、プログラミング合宿への参加とパソコンをセットで提供する企画をやろうということになりました。困り方は多様ですが、進学という選択ができなかったり、学校に通うことだけで精一杯だったりするひともいます。そういうひとがパソコンを持って、日本中、世界中のひととつながり、情報を受発信することで開ける未来もあるのではないか。今井さんの想いに共感し、私も「TECH募金」に参加させていただきました。

これは特定の高校生にお願いされたわけでもなく、かわいそうな高校生がいるからやろうということでもありません。私たちが日常的に出会う高校生、みなさんが持つ感性や才能、可能性に対して何かできることはないかと考え、勝手に始めたものです。

もしかしたらそんなことを考えているのは私や今井さんだけかもしれず、誰からも共感と応援をいただけないかもしれませんでした。しかし、実際に「TECH募金」を立ち上げて数日ですでに100,000円を超える募金が集まっています。まだまだこれから頑張っていかなければなりませんが、少なからず日本には高校生を応援したい大人がいるということだけはお伝えさせてください。

認定特定非営利活動法人
育て上げネット 理事長
工藤 啓
1977年東京生まれ。2001年、若年就労支援団体「育て上げネット」設立。2004年5月NPO法人化。内閣府「パーソナルサポートサービス検討委員会」委員、文部科学省「中央教育審議会生涯学習分科会」委員、埼玉県「ニート対策検討委員会」委員、東京都「東京都生涯学習審議会」委員等歴任。著書『大卒だって無職になる』(エンターブレイン)、『ニート支援マニュアル』(PHP研究所)、『NPOで働く-社会の課題を解決する仕事』(東洋経済新報社)ほか

新着記事 New Articles