シリーズ18

学ぶ内容を知る
Part.1 学部長に聞く

実生活、実社会で役立つ『コミュニケーション学』


東京経済大学 コミュニケーション学部長
川浦 康至(かわうら やすゆき)教授
更新:2013/07/22
「コミュニケーション学」と聞いて明確にイメージできる人は、少なくないのではないだろうか。コミュニケーション学部では何を学ぶのか、そして、それが生活や社会でどう役立つのかを、東京経済大学コミュニケーション学部長の川浦康至教授に伺った。

コミュニケーション学は総合学問

コミュニケーション学は、様々な学問から成る総合学問です。したがって、心理学、社会学、文化人類学、ジャーナリズムなど、周辺領域の学問を、多岐にわたり学びます。

コミュニケーション学で扱う基本の柱は2つ。1つ目の柱は「伝えるコミュニケーション」。新聞やテレビ、あるいは、インターネットや携帯電話など、メディアの特徴や歴史を主に学びます。また、対人コミュニケーションや異文化コミュニケーションなど、コミュニケーションと名のつくものについて学ぶことも含まれます。

もう1つの柱は「伝わるコミュニケーション」。これは、周囲のコトやモノを「コミュニケーション」として捉えることから生まれる学びです。例えば、お寺には病を抱える人が、像のその部分を撫でると、その病が治るとされる「撫で仏」があります。たくさんの人に撫でられた仏像は、当然すり減ります。その仏像を「コミュニケーション」という観点から見ると、健康を願うたくさんの人が見えてくる。「悩んでいる人はあなただけではないよ」ということが伝わってきます。こうした見方や考え方を学ぶことが、「伝わるコミュニケーション」を学ぶことです。

社会に出てからも活かせるスキル

私の専門である社会心理学は、データをとり、それをもとに語る実証学問です。データを取る方法には、アンケートや観察などがありますが、私のゼミではインタビューを基本に研究していきます。

例えば、「人の名前」をテーマにインタビューをすると、「名前」を介して、相手に対する興味や関心が湧き、質問したり、説明されたりと、コミュニケーションが生まれる。つまり、インタビューという「伝えるコミュニケーション」によって、名前が「伝わるコミュニケーション」としてはたらく。そうした作業を通じて、コミュニケーションスキルを磨いていくわけです。インタビューの内容は、最終的に文字にする必要がありますから、記録の作り方や文章の書き方など、表現スキルも身に付きます。

こうした経験を通じて、学生たちは、少しずつ成長していきます。学ぶことに対して積極的になり、物の見方が多面的になる。それが、自分の感じ方や考え方の多様性につながり、人との関係を築くスキルアップにもつながる。就職先は、銀行、メーカー、広告制作、公務員など千差万別ですが、いかなる職に就こうとも、人との関わりは避けられませんので、コミュニケーション学部での学びは必ず活きます。

関心や興味が学問の対象になる

コミュニケーション学の魅力を学生に質問したら、次のような答えが返ってきました。「フレキシブルなところ。つまり、自分の関心や興味が、そのまま学問の対象になるところ」。このことは、卒論や卒業制作のテーマを見ると一目瞭然です。「AKB48」、「K-POP」、「SNS」など、時代を反映したテーマがたくさん並んでいます。

メディアが多様化するにつれて、コミュニケーションは爆発的に広がり、コミュニケーションの「量」も絶対的に増えています。しかし、そのなかで、「本来の」コミュニケーションは一体どれほどあるでしょうか。私には届かないコミュニケーションが増えているようにしか見えないのです。

現代は、コミュニケーション危機の時代だといっても過言ではありません。そんな時代だからこそ、理論的にコミュニケーションを学び、コミュニケーションスキルを身につけることは、現代社会を生きぬく力にもなっていくはずです。

●東京経済大学
〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34
[募集学部]
■経済学部/経済学科・国際経済学科
■経営学部/経営学科・流通マーケティング学科
■コミュニケーション学部/コミュニケーション学科
■現代法学部/現代法学科

■東京経済大学

▲東京経済大学 コミュニケーション学部長 川浦 康至教授

Lineup

シリーズ16
生徒のネットトラブルに関する
高等学校アンケート調査

シリーズ15
インターネット活用に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ14
看護師への進路を考える

シリーズ13
生徒募集広報に関する
高等学校アンケート調査

シリーズ12
高等学校における防災対策に
ついてのアンケート調査

シリーズ11
エンタメでキャリアを磨く
高等教育機関

シリーズ10
ゆれるAO入試

シリーズ9
専門学校の実力

シリーズ8
魅力ある短期大学づくり

シリーズ6
リメディアル教育の現場

シリーズ5
忙しい先生の業務効率化と
円滑な学校運営

シリーズ4
専門学校とAO入試

シリーズ3
高校における
「奉仕」活動のあり方

シリーズ2
高校のインターンシップを
考える

シリーズ1
教員を育てる