第4回 Part.2

安価な生分解性プラスチックを
畑のなかからつくり出す(2)


東京農工大学大学院 工学教育府応用化学専攻
国眼 孝雄 研究室
※部署名、役職名、研究内容などは取材当時のものです
更新::2007/01/22

現在の生分解性プラスチックは価格の高さがネック

生分解性プラスチックは、すでに製品化されている。しかし、一般のプラスチックに比べると普及はしていない。国眼先生は、クリアファイルを2種類取り出して、そのあたりの事情を説明してくれた。

「見た目は同じようなクリアファイルですが、ポリプロピレンからつくったものは113円と表示されています。それに対して生分解性プラスチックでつくったものは1029円と表示されています。どちらを買いますか? なかには環境に配慮して、高くても買うという人がいるかもしれませんが、普通は安いほうを買いますよね。だから普及しないのです」

このため国眼先生は、石油由来の製品と比べても競争力のある、安い生分解性プラスチック製品をつくりたいと考えている。

「バイオマスの欠点として、原料の希薄さがあります。大体、原料の10分の1ぐらいしか製品になりません。あとの9割はゴミとして処理しないといけないのです。しかも、石油だったら、油田からそのまま原油が出てきますが、バイオマスは広範囲に栽培して、それを集めてこないといけない。そして、蓄えておくとしても腐りやすい。要するに工業原料になりにくいのです。

たとえば、いま製品化されている生分解性プラスチックは、トウモロコシを原料としたポリ乳酸からつくっています。このポリ乳酸はほぼ100%、アメリカのカーギルという会社がつくっているものです。カーギルは、トウモロコシを特定の場所で大量生産してコストダウンを図っていますが、それでも、製品はいまお話ししたような値段になります。そのため我々は、安価な製品をつくるにはどうしたらいいかを考えながら研究を進めているのです」

「畑からプラスチック」をめざし
オンサイトプラントを計画

安価な製品にするため、国眼先生は「キャッサバ」というイモを原料にして生分解性プラスチックをつくる研究を進めている。しかも、まったく新しい発想で。

「キャッサバは熱帯で採れるイモの一種です。インドネシアなど東南アジアでは副食のナンバーワンといってもいいのじゃないでしょうか。キャッサバから抽出されるタピオカでんぷんは、インスタントラーメンの原料としても使われています。

このキャッサバは、まず原料として値段が安いのが魅力です。それから、1年中栽培可能なので必要に応じて収穫できるというメリットもあります。ただ、水分が多いこともあって、1週間ぐらいで腐ってしまうという欠点もあります。

そこで我々は、オンサイトプラントという方式を考えています。原料を工場に運んでくるのではなく、畑のなかに農家の人でも扱えるような工場をつくるのです。そうすれば、キャッサバの欠点をなくすことができます。いわば『畑からプラスチック』をコンセプトにしているのです。

これは、インドネシアで準備を進めています。インドネシアにBPPT(技術評価応用庁)という官庁があって、日本でいうと経済産業省と環境省を一緒にしたようなところですが、そこの人たちと一緒に取り組んでいるのです。すでに現地では、15ヘクタールの土地を用意しています」

「畑からプラスチック」といっても、もちろんキャッサバから簡単にプラスチックがつくれるわけではなく、いくつものプロセスが必要だ。国眼先生の研究室では、複数のグループが各プロセスごとの研究を同時並行的に進めている。

《つづく》

●次回は「キャッサバがプラスチックに変わるまでのプロセスについて」です。

■東京農工大学

 

▲キャッサバから作成された生分解性プラスチック

Lineup

第15回
工学院大学
工学部電気システム工学科

第14回
日本女子大学
家政学部被服学科

第13回
慶應義塾大学 経済学部

第12回
成蹊大学
理工学部情報科学科

第11回
早稲田大学
スポーツ科学学術院

第10回
首都大学東京大学院
都市環境科学研究科

第9回
明治大学
情報コミュニケーション学部

第8回
実践女子大学 生活科学部

第7回
東京工業大学大学院
理工学研究科

第6回
早稲田大学
教育学部地球科学教室

第5回
埼玉大学 教養学部

第4回
東京農工大学大学院
工学教育府応用化学専攻

第3回
青山学院大学
文学部日本文学科

第2回
東京理科大学
薬学部生命創薬科学科

第1回
東京大学大学院
情報理工学系研究科